忍者ブログ
  • 2017.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/04/24 00:48 】 |
桜花杯決勝戦模様その4 お互いのプライドで


「もう、ぽって、あんまり心配かけないでよ」
「ごめんかおちゃん、いい写真撮れそうだったからつい、なので」

広島極楽バタフライのジャージを着る塙かおるのとなりでセーラー服姿の沢渡楓は申し訳なさそうに肩をすくめる。だが膝に乗せた愛用のカメラ、ローライ35Sを持ち、いつでも撮れるように準備したりもしていた。

「お、悪い遅くなった」
そのかおるたちの後ろで不意に声をかけた男の声。振り返った瞬間、ぽっては顔に縦線を入れて口をかくかくさせていた。
「コーチ」
かおるがその男性にそう言い、男は軽く右手を上げるとかおるたちのところではなく、少し離れた水無月琴子の隣にどっかり腰を下ろした。琴子は不機嫌さを隠そうともしないでいる。

「Ryo-ta指導員。いくらなんでも遅刻しすぎですよ」
「だから悪いって言ってるだろ」

紫のスーツに身を包み、レイバンのサングラスをかけたこの男は現日本代表コーチであり、Bucchiiや捨井などと同期のRyo-ta。極悪FWとして現役時代は名を馳せ、Bucchiiなどと共にオリンピックの銀メダルを獲ったいわゆる「ゴールデン世代」の筆頭選手でもあった。

「うん、沢渡もちゃんと来てるんだな」
Ryo-taがもう一度かおるたちの方に視線を向け、それに気がついたぽってが縮こまっている。

「全く、ただの写真屋を試合観戦に同行させるなんてお金の無駄です」
琴子の言葉にRyo-taは少し驚いた顔をして琴子を見る。

「ああ、お前は知らないのか」
「なにがですか?」
琴子はいっそう不機嫌な表情を強めた。Ryo-taはもう一度ぽっての後姿に目を移した。


「あいつは、俺たちのかけがえのない宝物だ。沢渡って名前に覚えはないか?」
Ryo-taの言葉に琴子は少し考え、そしてはっとした表情で振り返った。





PR
【2012/01/03 10:14 】 | Others League | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
BD発売記念!


桜花杯決勝戦。
ハーフタイムが終わり、後半戦に臨む選手たちがばらばらとピッチに出てくる。
どうやら両チームとも交代はなさそうであり、前半と同じメンバーで行うようである。




【2011/12/25 08:00 】 | Others League | 有り難いご意見(2) | トラックバック(0)
桜花杯決勝戦模様その3 決定機は訪れず


ほむらのミドルシュートのあと流れを掴んだと思われたSCMだったがDMSは左サイドを駆け上がった音無夕希のクロスをFW風間こだちがヘッド。決まらなかったが傾きかけた流れを強引に引き戻した格好となった。




【2011/11/30 13:28 】 | Others League | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
桜花杯決勝戦模様その2 エリートのメンタリティー


前半5分のシュートでSCMが流れを掴んだと思われたが、そこは中々DMSも粘りを見せる。
続く7分、ほむらからのパスはDMS3バックがフラットに動いてオフサイドトラップを誘う。

IQ190を超えるといわれるDFリーダー二見瑛理子の本領発揮となった。




【2011/11/21 02:16 】 | Others League | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
桜花杯決勝戦模様その1 ファーストシュート

キックオフと同時にスタジアムから怒涛のような歓声が響き渡り、ベンチにいる選手たちの頭上で渦を巻くように感じられた。
鹿目まどかは不安そうな面持ちで周囲を見渡してから、真剣な表情に戻ってピッチを見据えた。
隣に座る美樹さやかはそれとは対照的に少し弛緩した雰囲気を漂わせながら、ピッチに視線を泳がせていた。


心の中では数日前のことがよみがえっていた。





【2011/11/15 23:14 】 | Others League | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
決勝戦、その世界に踏み入れる


佐賀県鳥栖市。
鳥栖駅目の前にあるこのスタジアム、「ベストアメニティースタジアム」。通称ベアスタ
満員の観衆5万人で膨れ上がった(本当は2万5000らしいのですがどうやら拡張したら(略))スタジアム内に足を運び入れると途端に大観衆の声に迎えられる。
初めての体験に少々戸惑うSCM新人3人組のまどか、さやか、ほむら。

「…すっげ、なんだこれ」
「歓声で揺れてる感じがするね…これが」
「そうよ、これが決勝戦よ」
そう言いながらもほむらの声はうわずって、震えていた。



【2011/11/14 11:22 】 | Others League | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
決戦の地にて

桜花杯決勝4日前。
福岡で合宿を張ったSCMは出張に来てくれたTM2部の熊本との練習試合を行っている。
サッカーの盛んな地であるが故か、お借りした某私立高校グラウンドは行き届いた手入れの天然芝で選手たちを驚愕させたりもした。



【2011/11/04 17:07 】 | Others League | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
そして決勝へ


3度の笛が兵庫県はばたき市モナコスタジアムに響き、その瞬間に赤と黒のロッソネロの選手たちが歓喜に沸いた。反対に白のジャージの選手たちがホームスタジアムの芝で俯いた。


『試合終了! ファーストレグスコアレスドローからのこの試合。勝ったのはSCM!後半20分の1点を守りきりましたっ!』


後半早々に投入された一文字茜が得意のキャノン砲をFCHゴールに叩き込み、それを守りきった。

スタジアムの中初のフル出場、そして初アシストを決めた暁美ほむらはベンチで沸き返る仲間たちを見る。

ジャージ姿の鹿目まどかは周りの選手たちと同様に歓喜に溢れているが、その隣の美樹さやかだけは椅子に座り込んだまま俯いていた。


【2011/10/23 08:17 】 | Others League | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>