忍者ブログ
  • 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/05/23 02:22 】 |
第33節 Internazionale Milano vs Associazione Sportiva Roma 1 キックオフ!


両チームの選手がピッチに入場するとスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ―通称サン・シーロ―は大歓声で包まれた。
客席の咲野明日香や藤崎詩織は始めてのセリエ観戦ということもあって、この異様な雰囲気と怒号のような歓声に思わず耳を塞いだ。





ピッチに現われた選手たち。
両チームのキャプテンが握手。そして審判たちとも握手をしてからチームメイトの下に。
そこで写真撮影を行っている。

インテルは青と黒の縦縞ジャージに黒のパンツ、黒のソックス。
そしてローマは赤のジャージに白のパンツ、黒のソックス。
どちらもホームカラーのユニフォーム。

再び両チームのキャプテンが中央に集まりコイントス。その結果、インテルが前半キックオフの権利を得た。

ナスターシャ・シルベストリはコイントスのあと、ローマ陣内を見据えて森下茜の姿を探す。程なく茜の姿を見つけ、彼女も視線に気がついたようだったが、茜はぷいっと横を向いた。
ナスターシャは少し驚いたような表情をしたがすぐに唇を硬く閉ざした。


(なるほど、今はただの敵ってことなのね…わかったわ)



両チームの選手がそれぞれのポジションに散る。
センターサークルの中央にはインテルのティアナ・バイオレットとカーリー・コンティが立ち、カーリーがスポットに置かれたボールに右足を乗せた。


あれだけ響き渡った歓声が気がつくと無く、しんと静まったスタジアムの中で選手たちの鼓動が外に響き渡りそうな錯覚にも陥る。
ローマ陣営テクニカルエリアにBucchiiがいつも通りのスーツ姿で仁王立ちし、隣には橘恵美が従っている。


主審が右手を大きく挙げ、左手に持った笛を口元に。
大きく甲高い笛の音が響き渡り、その瞬間静まっていたスタジアムから唸るような歓声が沸き起こる。
カーリーが足の裏でボールを転がし、ティアナが真後ろに流した。



さあ、キックオフ!!


PR
【2012/02/06 02:12 】 | LEGA-CALCIO 2009-2010 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<第33節 Internazionale Milano vs Associazione Sportiva Roma 2 フィールドのオペラ | ホーム | 決意表明>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>