忍者ブログ
  • 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/05/24 22:33 】 |
第33節 Internazionale Milano vs Associazione Sportiva Roma 23 意地の境地


「・・・・・・・・・・・・・・・」
万雷の拍手の中、メインスタンドの咲野明日香は顔を真っ赤にしている。
「ぶはあっ!」
大きく息を吐き出し、ぜいぜいと肩で息をしていた。



「いやあ、息するのも忘れるくらいだったねえ」
周りを見渡しながらケラケラ笑う明日香を見て藤崎詩織は微笑んでからため息を吐いた。






「それにしても驚いたわ」
佐野倉恵壬が呟いた。
そう、驚きの連続のプレー。
まず特筆すべきはインテル。ナスターシャを頂点とするインテル独自のプレーである「サインプレー」。
これはインテルの代名詞であると同時にナスターシャ・シルベストリの代名詞とも言えるプレーである筈だったのだが、そのサインプレーを途中交代の新人選手であるフィーナ・ファム・アーシュライトが使って見せ、更に全ての選手がそれを見てきちんと動いていたという事。

「そして、最後のシュートはナスターシャが放っている。つまり、彼女はあの新人選手に使われたって言うことよね」
詩織が恵壬の言葉にそう返す。恵壬はにこりと微笑んで頷いた。

使う、使われるという事は上下関係を保つ上でも重要である事の筈なのだが、ナスターシャはそれをあっさり覆している。
確かにフィーナという選手は才能もあるし、ナスターシャの後釜という評価はある。

「司令塔、いえ選手としての柔軟さも併せ持つのね。流石はナスターシャ・シルベストリって事かしら」

フィーナは確かに才能溢れているがまだ18歳。選手としてのキャリアは少なすぎるといっていいだろうし、実際スタメンに出ることも無い。そんな選手の指示に躊躇なく従う事が普通の選手にできることであろうか。
司令塔として周りの選手を使う事も出来、そして使われることでもトップクラスの動きが出来る。
それが世界最高峰と言われる所以なのか。



「で、でもローマのカウンターも見事でしたよっ!」
明日香がまくし立てるような口調でそう声を荒げた。
ローマ、というよりもカミュ・ファルコーニの凄さが際立ったともいえる。
FWというポジションながら危険を察する感性で誰よりも素早くゴール前まで戻ってナスターシャのシュートを阻んでそこから攻撃を繋げる。
そして圧巻はあのラストパス。
前線で代歩がセレニーナを振り切る方向とそこからの動きを全て見透かしたように落とされたロングパス。
その正確さで代歩は楽な姿勢でボレーシュートを放てた。ただ、それを察知したGKイリノア・メッサーラの飛び出しも特筆に値するが。

「ええ、凄い攻撃だったわ。でもね」
詩織は明日香の言葉に頷いてから、そう言葉を切り返した。

「最後のシュート。GKに阻まれたけど、仮に阻まれなくても枠に飛んでなかったわ。力が入り過ぎてるのよ、あの子は」











汗がピッチに垂れていく。
(想像を絶する痛みよ)

アタシの頭の中でその言葉がリフレインしていく。
確かに、エミの言ったとおりだ。
動けない。声を上げることすらできない。
下を向き、体を硬直させても敵わない。
例えて言うなら、口の中の全ての歯が虫歯になって神経を刺激しているのが10倍になって足首に集中している。そんな痛み。
動けない。何も考えられない。
ただ痛い
痛い
痛い
痛い














カミュ?





はっと顔を上げた。
心配そうに顔を覗きこんでいるアカネの顔。
アタシはきっとひどい顔をしているだろう。

「…………交代、しよ?」


うん、そうだね
これじゃ何も出来ないよ。
1点取った。これで十分だよね?



アカネがベンチに顔を向ける。そしてミステルに交代の要請をしようと手を挙げた―

いや、その手を掴んだ。
アタシは掴んでいた。
驚くアカネの顔を見据え、アタシは首を振った。



「……まだ、やれるよ……」


アタシは何を言ってるんだろう。
もう無理だってわかってる。
動くことも出来ないのに、何を言ってるの?

まだ、何か出来るの??



PR
【2012/04/07 07:15 】 | LEGA-CALCIO 2009-2010 | 有り難いご意見(0)
<<第33節 Internazionale Milano vs Associazione Sportiva Roma 24 覚醒 | ホーム | 第33節 Internazionale Milano vs Associazione Sportiva Roma 22 限界>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>