忍者ブログ
  • 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/05/24 22:23 】 |
10番の行方

「じゃ、説明するね」

会議室で恐らく一番背の低い彼女が立ち上がり、全員を見渡した。






SCM会議室。現在この中にはSCMのGM、そして松原聖監督、川田知子コーチ、有森瞳美課長、そして本田飛鳥チームキャプテン。そしてそれら全員殻の視線を一身に受ける神谷菜由LCC代表取締役。という布陣(笑)

菜由は全員に渡した資料を持っているが殆ど見てはいない。恐らく全てを暗記しているのだろう。



「でね、アメリカギャラクシー3部のニューメキシコ・アイアンズとこのSCMさんで50%づつの保有権を持ってたんだけどね」
菜由はここで一旦言葉を切り、さも面白そうに微笑んだ。内容的に面白い話ではない筈なのですが。

「このたびアイアンズさんが保有権を放棄したのよ。という事で現在の保有権はこのSCMさんだけということ」

「まあ本人はアメリカでのプレー続行を希望してたから私たちも色々やったんだけどね。ぶっちゃけどっこも契約してくれなかったのよ。もう全滅っ!」

一体何が面白いのかさっぱりわからないが菜由は全員に笑顔を振りまきながら、そして会議室をスキップするような勢いでうろうろしながら話をしている。


「と、いうことでこれは仕方がないってことで保有権を持つこちらに話を持ってきたわけでありますよ」
「なるほどねえ」
監督の松原聖は胡散臭そうな目を菜由に向け、そして手元の資料を見る。議題の中心である選手のプロフィールや成績関連が網羅されている書類だ。

「確かにアメリカって厳しい場所だと思うんだけど、それでもこの成績はちょっと少なくない?」
「まあ、出場機会自体が少なかったしこればっかりはしょうがないかなー」

「でも、現在契約が全くないってことは移籍金とかの心配はいらないってことですよね?」
事務屋の瞳美の指摘に菜由はおおげさに頷いてみせる。

「そうそうっ!ぶっちゃけちゃうと見てのとおりの成績だしこっちとしてもあまり高値を出すわけに行かないので、次のページの年俸計算でどうかなって」

確かに年俸を見ると例えばキャプテン飛鳥よりも低い金額であるが新人よりは高いという絶妙な設定である。


「勿論広告効果だって期待できると思うんだよねっ!『アメリカから凱旋帰国!!』とかやれば集客効果も期待できるしメディアの露出も増えると思うんだよね」

「…正直、私は広告効果云々よりも戦力として使えるかどうかってのが第1なのよ。あなたはこの選手をチームにお勧めできるの?どうなの?」

「・・・・でね、メディア戦略としては…」
「こっちの質問は答えないの?」



しばらく無言の時間が過ぎる。菜由は軽くため息を吐くと聖に向き直った。



「それは使う人次第だと思いますよ」
「へえ、何で?」
「確かにあの成績ですが経験値は沢山積んでます。それをうまく使うのが指導者であり監督の仕事かと思いますが?」

「・・・へえ、言うじゃないの」

「ありがとうございます」
菜由は深々と一礼した。



「まあ、私はGMの意見に従うかたちで」
それまで無言でいた南田GMに視線が集まる。彼の歳は40前後であり、実はBucchiiや「男根兵器」Ryotaと同期であり一緒にプレーした経験もある人だったりするがここではあまり関係はない。

「ま、資料を見る限りそれほどこちらの懐が痛まないようだし、神谷さんの言うように広告塔としての働きも十分出来そうだ。使ってもいいんじゃないか?」
「ありがとうございます。では契約は今後席を設ける形にして、今日のところは念書をいただいておきたいかと」

そして話は事務的な方向にシフトしていく。聖は全員に聞こえるように大きなため息を吐いた。


「あ、背番号はどうします?」
「どうでもいいわよ。好きなの持っていって」
「了解、じゃ10番空いてるみたいだからそれ貰うね」

菜由は鼻歌を歌いかねないほどご機嫌な様子で鞄から必要書類を出している。


「ではSCMに復帰、相沢ちとせ10番ってことで」




PR
【2011/07/09 20:19 】 | Others League | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<差を自覚することは誇るべき事だ | ホーム | 平穏はつかの間に(色々整理しないとわけわかめなのです)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>