忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/23 13:27 】 |
第29節 AC Miran vs AS Roma 5


油断したわけでもない。ましては慢心していたわけでもない。
ハーフタイムに士気を上げ、選手全員がいい状態でピッチに戻ってこれたんだ。


それでも
それでも


その全てを根こそぎ引き剥がすような事が起こるなんて。
それがクラッキの、シア・ジュニーニョの仕事なのか。


後半開始早々、5分にミランが追加点を叩き込む。
決めたシア・ジュニーニョは胸のワッペンを指差しながら客席を鼓舞。歓声がスタジアムを揺るがした。






遠くのスタジアムからより大きな歓声が聞こえたような気がして恵美は顔を上げた。
隣のカミュは不機嫌さを隠そうともしないままベンチに座って両足をぶらぶらさせていた。


「エミ、アタシを探しにきたのか?」
「ええ、そうよ」

恵美は明快にそう答える。カミュは盛大に大きなため息を吐く。

「アタシを試合に出すために探してたのか?」
「…ええ、そうよ」

今度こそカミュは不機嫌さを増大させ、ベンチから飛び降りた。

「行かないからね。絶対に行かない」
「あら、困ったわね」

恵美は笑顔で首を傾げる。

「だって、またあんなことが起こるのは嫌だよ。怖いんだよ」

あんなこと、というのが前回サン・シーロで起きた爆発騒ぎであることは容易に想像がついた。自身の身の危険は勿論の事、罪の無い観客までも巻き込んだあの事件が彼女の心を傷つけてない筈が無い。カミュは我侭で考え方は未だに子供っぽいが爆発に巻き込まれた人たちを関係ないと切り捨てることが出来るほど殺伐とはしていない。心は思春期の子なりに傷つきやすいのだ。

恵美は立ち上がり、肩を震わせているカミュの肩に手を置いた。

「カミュは優しい子ね。でもね、あんなことはもう絶対に起きない」

恵美は茜が所属会社のLCCに今回の件について相談し、スタジアムに対テロの人員を派遣させた事について説明した。試合前にスタジアムの全てを点検し、そして開催中でも全てに目をいきわたらせている。何が起こりそうになっても事前に対処できるように手配できている。それをわかりやすく説明した。


「わかる?だから怖がる事も危険な事も絶対に起こらないの。だから…」
「それでも、嫌だっ!」

カミュはぶんぶんと首を振る。
そうなんだ。いくら口で安全を説明したって恐怖がそれで全部消えるはずも無い。以前起きた事故がそれで清算されるわけでもない。ピッチに入ればミラニスタからの盛大なブーイングがカミュを襲う事だろう。それはいくら事故防止の人員がいても抑えられることではない。


「それに、今更行ってもすぐに試合終わっちゃうしさ、意味なんか無いよ…」
「意味は、あるわよ」

恵美はそう反論し、手に持っていた携帯テレビのスイッチを入れた。小さな画面には戦い続けるミランと、ローマの選手たちが映りこんだ。


「…2-0ね、前半終了の時は1-0だったから追加点入れられたのね」
「ほら、もう負けじゃんか。行っても意味なんか…」

そこまで呟いたカミュが画面を見て言葉を止めた。そして恵美からテレビを奪うとまじまじと画面を見つめる。


「アカネ、もうフラフラじゃんか…オーラも、ジーナも」

顎があがりきった茜やオーラが、それでも必死に走り、ブロックしてカバーしてミランの攻撃を凌いでる。画面からでもにじみ出る気迫がそこには確かに存在した。


「負け試合じゃないか…どうしてそんなに必死になってるんだよ…」
「負けるなんて、きっと思ってないからよ」
恵美の言葉を聞いたカミュが画面から目を離し、顔を上げた。そこには凛とした立ち姿の恵美がカミュの肩を掴んでいた。

「2-0でも、3-0でもまだ希望がある。だから諦めない。ローマにはまだ希望があるから」
「希望…?」
「そうよ、カミュ・ファルコーニって希望が」

カミュは丸い目を更にまんまるくして恵美を見据えた。恵美は慈しむような笑顔をカミュに向けた。


「みんながあなたの帰りを待っているわ。『ローマの女王』の帰還を待っているわ」
「女王??」

「そうよ、あなたは女王様。キングダム・サッカーはあなたがいないとダメなのよ」



以前Bucchiiが言っていた。
茜が加入した最初のヴィオラ戦で「キングダム・サッカーに近づいた」と。
茜がキングになるのではない。
キングがキングとしてプレイするために茜は必要だった。茜だけではない、全ての選手たちが必要なんだ。



カミュが携帯テレビの画面に目を移す。いまだローマの選手たちは必死でミランの波状攻撃を防ぎ続けている。


「いま15分か…走ってスタジアムに10分くらいかな、すぐに出れれば30分くらいからなら…」
「ええ、それだけあれば女王様なら十分ね」

カミュは携帯テレビを恵美に投げ返す。そしてスタジアムに向けて駆け出した。







PR
【2011/08/05 20:31 】 | LEGA-CALCIO 2009-2010 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<第29節 AC Miran vs AS Roma 6 | ホーム | 第29節 AC Miran vs AS Roma 4>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>