忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/25 09:27 】 |
これで最後にします決起会ネタ


「こんにちは、いっちゃんさん」
SSS広報古館に声を掛けたのはSCM広報野咲すみれだった。
すみれが選手を引退したとき、かの件からふたりは親交が続いており、久しぶりの再会という事だった。

そして少しばかり思い出話に花を咲かせた後、すみれが声を潜めてくる。


「実は、あのテーブルの人たち芸能事務所とかイベントプロモータさんとか代理店の人とかなんですよ。いわゆる『来賓』ですね」

確かに伊知子もあまり顔を見たことのない人たち。まあ恐らくTMFA代表に会うために来たのだとは推察できるのだが。


「で、ですね、挨拶しようかと思ってるんですが折角ですからいっちゃんさんも一緒してくれると私も勇気を持って行けるかなと」
「アタシもっすか?」
「いっちゃんさんも顔覚えてもらえば何かのときに役に立つかも知れないし」

結局その一言で伊知子は了承。まるでツートップが敵陣エリア内に侵入するかのように気合と勇気でテーブルに乗り込んだ。





決起会も終盤に差し掛かり、ある程度落ち着いた雰囲気になってきていた。
TMFA副代表でありLCC取締役である神谷菜由は副代表の仕事を放棄し、LCCとして目星をつけた選手に名刺を渡したり、競合他社と情報交換などをして、まあ有意義に時間を使っていた。

ふと見ると来賓席がやけに盛り上がっているように見える。目を細めてよく見ると見知った少女がふたり、一生懸命場を盛り上げているところだった。

「うんうん、頑張ってるねえ」
翠川亜季もいい部下を持ったようで羨ましい事だ。こっちの部下の門倉千紗都なんかあっという間に姿を消しやがって、本店で事務書類がっつり溜まってるのにあの野郎。







と、また別のテーブルを見ると他と明らかに雰囲気の違うテーブルが。
他のテーブルはそれなりに明るい雰囲気があったり、騒がしかったりするのだが、そこだけは静か。そして季節すら違うような寒々しい感じ。
そのテーブルの主を見て菜由は数回首を縦に振る。あの人じゃしょうがねーか(笑)


「こんにちわ。楽しんでますかヨハン・ファン・ハーレン監督?」
菜由はその季節の違うテーブルに乗り込んでそこの主に声を掛ける。TMFA日本女子代表ハーレン監督は菜由に一瞬目を向け、すぐにその視線を逸らす。

「ああ、楽しんでいる」
全くの無表情でそう呟くあたり、嘘をついているとしか思えないのだが菜由は愛想笑いで納得した。
去年はアジアスーパーカップで優勝をするなど監督としての手腕は抜群であるのだが、如何せんこの愛想の悪さと選手全員を駒のように扱うところから、信頼関係が良好とは言えず、この席が氷のような冷たさなのがよくわかる。
結局この席にいるのは菜由、そしてハーレン、通訳のリーフデと…

「あれ?タマちゃん?」
川添珠姫が監督の脇にちょこんと立っていた。

「はは、彼女ちっこくて可愛いだろ?だから会う人会う人におもちゃみたいに弄られてね」
ハーレンとは真逆の軽いプレーボーイ風の通訳フランク・リーフデがそう説明してくれた。つまりここならあまり人も近づかないし、彼女にとってはゆっくり出来るということなのか。菜由は苦笑した。


「副代表、リーグやカップに力を入れるのは大いに結構だが、代表のほうも忘れないで貰いたい。今年はダイヤモンドカップの予選があるのだからな」

ハーレンが憮然としているかもわからないがそんな口調で呟く。確かに8月にはアジア予選が始まる。ぶっつけで挑むわけには行かないだろうから強化試合も組まないといけないし、日程を調整して合宿なんかもしないといけない。日本サッカー協会とも連携しないといけないし、よく考えたらかなりめんどくさい(笑)

「まあ、日程云々はまだ調整中ですが予選前にはヨーロッパ合宿、そして欧州強化試合ツアーも組めるように段取りをしている最中です」

ま、何もやっていないわけではなく、水面下で折衝は進めている。具体的な日程が出ていないだけで。

「強化試合、どこが候補に?」
「今のところスペイン、ドイツ、あとロシア辺りが好感触ですね」
「ふむ」

海外組の召集についても前回スーパーカップで酷使してしまった森下茜はアジア予選の召集は見送る方向である事、怪我で長期離脱中のLAギャガン藤崎の招集が厳しいことなど話し合う。こんな場でやることでもないんだけどね。

「ローマの清水、ヴァレンシアの佐野倉はオフシーズン中でもあり召集は問題ないですね。ドルトムントの咲野はクラブ側は難色を見せましたが最終的には選手本人の意志に任せるという方向で」
「宮藤は?」
「問題ないと思います。クラブ側は成長の糧になると言ってますし」

ハーレンは少し考える。既に頭の中で選手たちのポジションとか戦術を想像しているのだろうか

「あと、牧原はどうだろう」
「…調整中です」



しかし、TMFAリーグにイタリアセリエ、チャンピオンズリーグに代表と、
風呂敷広げすぎだよなあ(笑)
PR
【2011/09/06 21:26 】 | Others League | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<なにもやってない、なにも持ち帰っていない | ホーム | 桜花杯の組み合わせを忘れていたので折角ですし(笑)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>