忍者ブログ
  • 2017.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/06/26 02:24 】 |
TMFAグランドチャンピオンシップ 4
後半45分が終わり、ロスタイム。
表示は6分、まだ十分チャンスはあるじゃないかっ!



常勝チームのメンタリティの強さは本当にギリギリのところで真価を発揮する。
後半残り僅か、ひとりDFの退場で10人になってもそれは変わらない。いや、むしろ激しさを増している。

通常の考え方で言えば前線の人数を減らして守備ブロックを再構築するのが普通だが、それをしない。
更に苛烈に攻撃に振ってきた。

攻め続けて時間を終える。
それがWBLクオリティなのか。


井上からのパスを受けた後藤が突破を図る。でも草薙さんがそれを阻む。
サイドに、受けた森井さんだが芹華さんがそれを許さず。強引に突破してクロス。ファーサイド羽柴さんが合わせてくるけど鞘子ちゃんが目前でクリア。
セカンドボールを取ったのはなるちゃん。
ロスタイムも5分を過ぎた。多分これがラストプレー


なるちゃんから芹華さん、追いすがる森井さんをいなしながら大きくサイドチェンジ。芹華さんはフランスから帰ってきてこういう周りを生かすプレーが本当に上手くなった。足元のテクニックだけじゃない、本当に味方でよかった。

逆サイドに大きく出たボールを受けたのはタマちゃん。芹華さんはそのまま前線に走る。タマちゃんもドリブル開始。
ここが勝負!つるべの動きなんかもういらない。
私となるちゃんも前線に絡もう。多分クリアされた時点で笛が鳴る。草薙さんもエリアに侵入した。

でもタマちゃん、下がっていた陽ノ下さんのマークにあって後ろの私に戻す。そしてそのままエリア内に切れ込んだ。

アーリークロス

 

これしか選択肢が無い。
そう思って大きく足を振り上げた瞬間、




視界の端に手を上げる影。
瞬時に切り替えてその影に向かってぼーるを叩く。
ペナルティ・エリアとセンターラインの中間ほどの場所でパスを受けたのは鈴音さん。
ルックアップし、速いボールを前に出した。



エリア内は敵味方入り乱れて混戦状態。
その真ん中にパス。

普通なら止められて当たり前。だけど両サイドの上がりが混戦に僅かな隙間を与えていた。
足を出すWBL選手たちをボールがすり抜け、一文字茜ちゃんの足元にボールが届いた。

茜ちゃんは少し微笑んでから右足を振りぬいた。














大歓声で国立が大きく揺れた。
ゴールを告げる笛、そして後半終了の笛が鳴った。

同点
まだやれる。
まだ、きっと









































延長戦後半の終了を告げる笛が3度、鳴り響いた。
緑のユニフォーム、WBLの選手たちが歓喜に沸きかえっていた。
赤黒の縦縞ユニの私たちSCMは一様にうなだれ、芝に突っ伏していた。

限界だったんだ。
気持ちの糸が同点になったときに切れたのがわかった。
延長前半に1点、そして後半にも1点を入れられた。


WBL 4-2 SCM


ミヤミヤと鞘子さんは抱きあって号泣してる。
タマちゃんはなるちゃんが泣いているのを無表情で慰めていた。
芹華さんも草薙さんと周りの選手たちに声をかけ、慰めていた。


「いい試合だったよ」
そう言われて振り向くとWBLの井上さんが握手を求めていた。私はユニフォームで右手をこすって綺麗にすると握手に応じた。
「えと、あの、清川選手には気にしないでくださいと伝えてください。ギリギリのプレーの結果ですから」

あー、私何言ってるんだろ…
井上さんは少し驚いた顔をしたけどすぐに大人びた微笑みを私に向けた。

「ありがとう。千葉選手にはお大事にとお伝えください。何かあれば力になります」
そして握られた手が解かれた。

「飛鳥ちゃん、何かキャプテンらしくなったね」

その言葉に顔が赤くなるのがわかる。井上さんは小さく手を振ってから自チームの歓喜の輪に加わった。



限界だった。
今はここが限界。きっとそうだ。

でも、次はこの限界を超える。
そしていつか、この場所で喜びを分かち合うんだ。






そして閉会式前に鈴音ちゃんの引退セレモニーが行われ、花束贈呈の特別サプライズゲストでSSSの秋穂選手があらわれると鈴音ちゃんはこれまで見たことが無いくらいに号泣していた。



こうして09シーズンを締めくくるファイナルマッチは終わった。
そして、今この瞬間から10シーズンの戦いが幕を開けたんだ。



私は、
私たちは、



これからも




戦い続ける




PR
【2011/06/15 23:39 】 | Others League | 有り難いご意見(0) | トラックバック(1)
<<ある日の休日 | ホーム | TMFAグランドチャンピオンシップ 3>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

やっぱ、なんていうか湧いてくるねえ、いろいろとさ
「ほらほら、晴れの席なんだから泣かない泣かない」「…うん」「だー!言ってる端っからほら!なあんか、私が泣かしたみたいでしょ!?」―美咲鈴音引退セレモニー―試合後に設け ...
【2011/06/16 22:37】 | すぷ♪さんっっ!
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>